Home » 目的に合ったトルソーを選んでみよう

目的に合ったトルソーを選んでみよう

トルソーは、洋服を着せるための人体の模型となるのですが、サイズやパーツ、用途などに合わせて豊富な種類が用意されています。
サイズでは、子供用から女性用、男性用の他にも、S、M、Lなどのサイズ、着物用、女性用であればマタニティ体型などもあります。また、パーツでは首からヒップラインまでというのが一般的ですが、顔や手足がついたものもあり、取り外し可能であったり関節が動くので好みの格好にさせることができるタイプもあります。
素材では、強化プラスチック製が主流となっていますが、木製であったり洋服を作る時に使用されるものになると土台に綿を入れて布で覆って作られているので、クッション性があることから待ち針を刺すこともできます。豊富な種類から、用途に合わせて選ぶことができます。

洋服を魅力的に見せることができるアイテムとして

洋服屋に買い物に行く人の中には、必要なものだけを探しに行っている人もいれば、いいものがあれば買おうと思っている人もいるものです。そんな時に、入口のマネキン人形が魅力的なスタイルであれば、店舗に入って商品を見てみようという購買のきっかけにもなり、売り上げにもつなげることができます。
マネキン人形にはさまざまな種類があり、顔が付いたものはマネキン人形と呼ばれることが大半ですが、顔がついてなくても首から下は人間の形をしているものはトルソーと呼ばれることがあります。どちらであっても、トップスとボトムス、スカーフなどの小物類とのコーディネートをすることによって商品アピールをすることができ、購入のつもりがなかったアイテムでも買ってもらえるチャンスともなります。

洋服を作る時に役立つアイテムとして

洋服を作るには、型紙を作ってから布を裁断をしてミシンで縫合することになります。型紙を作る工程では、紙の上に寸法を計測しながら作り上げていく方法や近年ではパソコン画面で作図をするCADも主流ですが、寸法だけでは作ることができないデザインもあります。ドレープやフリルなどは生地の厚みやハリによっても分量や角度が違うことにもなるので、実際の布で試しながら作図をする立体裁断になるとトルソーが大活躍をします。
モデルとなる人の体に布をあてながら作り上げるという方法もありますが、人体にはまち針を刺すわけにはいきません。作業の効率を上げることができる作図の際に役立つアイテムでもありますが、ファーストサンプルからの補正などでも人に着てもらう必要がなく素早く修正を行うことができます。