Home » 見映えが良くなるトルソーについて

見映えが良くなるトルソーについて

トルソーと聞いてすぐに思い浮かぶ人はほとんどいないでしょう。マネキンとは違って、主に首下から膝上までの範囲の物です。ショップなどに行けば、いろいろ服がコーディネートされています。
綺麗な服や可愛い服の魅力を引き立ててくれます。スタイリストの人なら良く使っているので、こだわりもあるでしょう。いろいろな種類があり、それぞれ形や質感も違うので、目的に合った物を選びましょう。
ディスプレイ用の物はいろいろなコーディネートをお客さんに見せる事が出来るので、楽しんでもらえます。選ぶ時に1番大切なのはスタイルです。造形物だからと言ってどれもスタイルが良いわけではありません。
スタイルの良いモデルの人が何も着ても似合うように、スタイルの良い物を選べば何を着せても似合います。出来るだけ美しいスタイルの物を選ぶと良いです。

スタイルや質感によって似合うファッションが違う

スタイルだけではなく、質感によっても似合うファッションが変わってくるので、選ぶ時は気を付けましょう。質感は大きく分けて布張りと塗装仕上があります。
布張りは安くて、カジュアルな物からフォーマルな物まで幅広く使えます。マチ針をさせる物もあるので便利です。水着や、下着、肌着など大きく露出する場合にはあまり向きません。
塗装仕上はポリプロピレンという素材の上からラッカーなどの塗装で仕上げています。大きく露出する場合にも使えて、どんなファッションでも使えます。
ネットショップなどで輸入品の安いものがありますが、中には出来の悪い物もあるので注意が必要です。見分け方は難しいですが、体型があまりにも変で不恰好だと感じる物はやめておきましょう。長く使える物なので、多少高くても良い物を選ぶべきです。

トルソーのアクセサリー的存在とは

トルソーは腕の部分を取り付ける事によって人間らしさが増します。なので、腕なしと腕付きではイメージがかなり違います。
腕付きでも、自由に動かせてポーズを決められる物とポーズが固定されている物、指が付いている物と付いていない物があるので、よく確認しましょう。動かせる物なら、いろいろなディスプレイが出来ます。例えば、片手を上げさせたりバックを持たせたりする事も可能です。
スタンドやヘッドキャップもイメージアップに役立つアイテムです。スタンドは全て高さが調節出来るので、出来るだけ高くするとスタイルが良くなります。スタンドは円形クローム製、三脚木製などがあるので、ファッションに合わせると良いです。
ヘッドキャップにもいろいろな物がありますが、主流は木目フラットか木目凸型です。何にでも合うので、迷った時は木目を選ぶのが良いです。