利用目的に合わせて選ぶトルソー

トルソーは、洋服を販売する時と作る時の両方で活躍をするアイテムとなりますが、それぞれに種類があるので間違いのないように選ぶ必要があります。
店舗で洋服を販売する時には、その店舗で販売している洋服をターゲットとしている人のサイズに合わせて選ぶ必要があります。しかし、標準体型の人のための用品店であっても、より洋服が良く見えるようにするにはモデル体型のものが役立ちます。また、男性用の用品店であれば、男性の体型に合わせたものを、また大きいサイズコーナーや子供服売り場でも専用のものが利用されています。
洋服を作る段階では、平面作図では作ることができない立体的な特殊なデザインの洋服を作る時に活躍をしています。こちらは、待ち針を刺すことができるようなクッション性があります。

洋服を販売する段階で活躍をするアイテム

洋服を販売する時には、声をかけてアドバイスをしたり試着をしてもらえば買ってもらえる期待が高まりますが、スタッフがその洋服を着ていることでも雰囲気がつかめて自分も欲しくなってしまうというお客さんも多いものです。しかし、全ての洋服をスタッフが着るわけにもいかなくなりますが、マネキン人形が着ていれば参考にしてもらうことに役立ちます。
マネキン人形はトルソーとも呼ばれており、売り上げのための非常に役立つアイテムともなります。きれいに畳んで置いてある洋服は、ちらっと見ただけでは部分的なデザインまで全て見てもらうことができないものです。とくに、立体的なデザインになると広げてみても雰囲気をつかみ取るのは難しいものですが、マネキン人形が着ているだけでイメージがわきやすく売り上げにつなげることができます。

洋服を作る段階で活躍をするアイテム

洋服は、一枚の型紙から制作を行ったり、近年ではパソコンを利用したCADでも型紙制作が行われています。しかし、洋服にはさまざまなデザインがあって数字だけでは作ることができないデザインもあります。洋裁用のトルソーでは、立体裁断が必要となるデザインを作る時に非常に役立つことになります。
モデルの人の体に布をあてて組み立てていくという方法もありますが、長時間にわたってモデルの人に同じ体勢で立っていてもらう必要があるので、大きな負担をかけてしまうことになります。しかし、自分のペースで時間に左右されることなくじっくりと取り組むことができ、ボディには針を直接さすことができるというのも人体では出来ないことです。作業の効率を上げながらまめにチェックができるので、デザイナーやパタンナーに多く利用されています。

モダンなインテリア調に仕上げたショーケースはケース内証明付きです。 SALEなどののぼりやポスターも豊富なデザインを取り揃えております。 ネット用カゴや傾斜棚を使ってさまざまな陳列が可能です。 ディスプレイもできるカウンターはレジ台にもおすすめです。 試着用フェイスカバーとフェイスカバーケースも取り扱っております。 壁掛けタイプ・ベース固定型トルソーのお求めなら